お知らせ   ネットショップ   野菜料理カフェ   ブルーベリー   ベリー   エアルーム   会社   日記   スタッフ
  休憩所日記  |  うっかり日記  |  みよこの歳時記
         
カートを見る
  
今週の うさぎパレット メニュー

エアルーム野菜とは(クリック) ⇒ 『エアルーム野菜』




2017年 7月

ちょっと昔の休憩所日記
2017年 1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月
2016年 1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月
2015年 1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月・11月・12月
2014年 1月2月・3月・4月・5月6月
  7月8月9月10月11月・12月
2013年 1月・2月・3月・4月・5月・6月
7月・8月・9月10月11月12月
2012年 1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月
2011年 1月2月3月・4月・5月・6月
7月・8月・9月・10月・11月12月
2010年 1月2月・3月・4月・5月・6月
7月8月9月10月11月12月
2009年 1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月
2008年 1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月
2007年 1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月
2006年 1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月
2005年 1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月
2004年 1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月
2003年 1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月
2002年 1月2月3月4月・5月・6月
7月8月9月10月11月12月


 ■ 7月  20日(木)  
店のガーデンで雑草が主役になってきたのでブルーベリーやエアルームトマトの
収穫はそこそこにして、夕方早めに店に帰り草抜きをした。

雑草を邪魔者扱いせずに 『生やし過ぎない』 『抜き過ぎない』 ようにしている。
一般的に雑草と呼ばれていても花が可愛いものは抜かない。
花が可愛くないものは花穂は切って葉だけしてグランドカバーにしてみたりして、程よく雑草を残している。

ヨモギも所々生えている。
この子は見つけたら抜くようにしているが地下茎と根が残っているので思い出したように何処からともなく生えてくる。

草なのか、花なのか、植えたものなのか、こぼれ種で生えてきたものなのか、よくわからないガーデン。



 ■ 7月  19日(水)  
フクベリーが収穫時期になった。
一番果を収穫。かなりの大粒だ。





うっかりウサギのティフブルーも収穫時期になった。
こちらも収穫開始。





 ■ 7月  18日(火)  
朝、凄い雨と大きな雷だった。
午後からは雨も止み晴れ間も見えた。
涼しい一日だった。

エアルームトマトを収穫して断面の写真を撮った。





うっかりウサギが はじまりのジュース の試作をしている。
エアルームトマトで5色のジュースを作りパレットのようにして色創りを楽しんでいる。



 ■ 7月  17日(月)  
5日に仕込んだ菌の培養。
何とか成功したみたいだ。
腐敗臭はなく液も濁っていない。
納豆菌、酵母菌、乳酸菌の培養の方は水面に澱が浮いているが液は濁っていないので問題ない。
  



 ■ 7月  16日(日)  
連日暑い日が続いている。
北海道でも30℃を超える日が続いているようだ。
北海道では冷房が無い家が多いので暑さに弱い北海道民は辛いだろう。

猫は暑さに強いらしいがクランも暑そうだ。



 ■ 7月  15日(土)  
DAXの写真が届いたので11日の続き。

「コンコン」(ドアをノックする音)
「うっかりウサギさん」
「コンコン」
「ドアを開けてください。」



「あらっ 綺麗! なんて素敵な野菜たちなの」
「どうしたのかしら?」

「わたしたち パレットになりたいのです。」
「うっかりウサギさんにサラダにしてほしくて世界中から集まって来ました。」


「まあ、なんてこと。嬉しいわ こんな野菜たちをパレットにできるなんて。」






 ■ 7月  14日(金)  
ラビットアイの収穫を毎日しているが気を付けていてもイラガにチクっとやられる。
卵から孵って間もない頃は全員集合で葉の裏にいるので見つけて捕殺しているが
 
見逃したりした生き残りが何匹かいる。
だいぶん大きくなって散在しているので何処にいるかわからない。

収穫しようとする周辺の葉の裏などをよく見てから手を伸ばさないとならない。



 ■ 7月  13日(木)  
今週の うさぎパレット のごはんは、エアルームトマトをオリーブオイルで焼いて乗せている。

エアルームトマトは焼くと生とはまた違った風味で美味い。
生でも焼いても味わい深いトマトだ。



おまけ。
本日の賄い。

胡瓜と紫蘇のごはん(ごはんが見えないが・・) にナスのスカペーチェ、エアルームトマト(生)、フライドエッグ。
うさぎパレット が終わった残り物で。



 ■ 7月  12日(水)  
第二水曜日でお店は休み。

毎月一回お参りに行っている八栗寺へ。
樹々の葉、花、小鳥のさえずり、虫の鳴き声など山の表情が毎月変わり季節を感じることができる。
五剣山(標高375m)の 中腹 標高230mにある名刹。

所用回りを済ませて農園と畑へ。
昨日収穫し忘れたグリーントマトを摘んだ。



 ■ 7月  11日(火)  
暑かった。

DAXが来てくれて畑の収穫風景と収穫作品の撮影。
ナスとエアルームカボチャ、エアルームトマトの収穫をした。
カボチャは蔓が枯れてきたので全て収穫した。
エアルームトマトは 8日、9日の土砂降りの雨で裂果があり傷んでいるのもあった。





畑での撮影が終わると収穫した野菜を全部お店のガーデン~入り口に集めた。





ここからが作品作りと撮影の本番。



知らない見たら何を馬鹿げことをしているのだろうと後ろ指を指されるが、
僕たち3人は遊びではなく、真剣な作業。



ガーデンのパーゴラの小径から店の入り口に向かって川のように並べる。


大体出来上がった。



どんなシチュエーションなのか?
完成写真は後日、DAXの写真で。

それにしても Musquee De Provence Pumpkin はデカい。



 ■ 7月  10日(月)  
朝、クマゼミがあちこちで鳴いていた。
他の虫や鳥も朝からうるさい。
この大気感、ベリー公は今日が梅雨明けだと思っている。

しかし蒸し暑かった。
陽が出ると昨日までの雨が大地から噴き上がり湯気になり茹だるような暑さだった。
大汗をかきながらハイブッシュブルーベリーの残果を収穫した。

うっかりウサギがエアルームトマトでタルトを作った。
 



うっかりウサギのエアルームトマトサラダは独創的だが このタルトもかなり独創的だ。
うっかりウサギの時間と気分、エアルームトマトの色形がマッチした時にしか販売できない幻のタルト。



 ■ 7月  9日(日)  
ランチの時間になって雨が降りだした。
お客様は駐車場から店の入口までパーゴラの小径を歩くことになるので雨の日は申し訳なく思う。
だんだんと雨足が強くなり土砂降りになる。カミナリも大きく鳴り稲光が走る。
しかも満席。
ありがたい。
ひとつひとつ 丁寧に愛を込めて料理し盛り付けをした。



 ■ 7月  8日(土)  
今朝もクマゼミが鳴いていた。
今度晴れ日が続いたら梅雨明けだな。

夕方は降ったり止んだりで止んだ間を見ながらエアルームトマトの収穫。
雨に当たると裂果が多くなる。

BORLOTTO DI VIGEVANOという豆を収穫。


インゲン豆だけど莢は食べずに中の豆を食べる。
乾燥させると冬まで置いておけるのでサラダはもちろんスープやリゾットなどに使えるらしい。



 ■ 7月  7日(金)  
今朝 クマゼミが鳴いていたが梅雨明けはもう少し先のようだ。

この時期は草の勢いが凄い。
ガーデンに植えた花苗よりも畑に植えた野菜よりも草の生長の方が早い。
あっという間に藪化してしまう。

一回刈っておかないと大変なことになるので畑の草刈をした。
日が傾いた夕方5時頃から始めた。
日が暮れて暗くなってからは月あかりと街灯りで刈った。
人家が近く草刈り機の騒音で迷惑をかけるので8時半で止めた。
続きはまた今度。



 ■ 7月  6日(木)  
蒸し暑い日だった。

昨日からラビットアイ系の収穫を開始した。
収穫できる品種はまだ少ない。

このティフブルーはうっかりウサギが育てていたもの。
もう20年生くらいになる。
3年前に樹形作りと若返りのためにバッサリと強剪定をした。
昨年、一昨年と剪定で樹形を整えて今年は本格的に実を付けさせた。


収穫はまだもう少し先だな。



金ゴマが順調に生長している。
花が咲きだした。



 ■ 7月  5日(水)  
早朝からトマトを収穫した。
雨は降ったり止んだりだったが収穫時はかなりの雨。
昨日の方が小雨だった。
今さらそんなことを言っても仕方がないのでびしょびしょになりながら収穫。
雨の時にトマトを収穫するとよく裂ける。
ランチが終わるころには雨は止み薄日が射すこともあった。

今日は菌の培養の仕込みをした。
まず乳酸菌の単独培養。


そして納豆菌、酵母菌、乳酸菌の培養。
同じような色の溶液だが混ざっているものが違う。


2種類を10リットルづつ仕込んだ。
うまくいけば1週間くらいで培養できる。



 ■ 7月  4日(火)  
予報では台風が直撃ルートだったが、だんだん南にズレて雨は降ったが強く降ることはなく風も吹かなかった。
しかし台風一過にはならず、北に上がっていた梅雨前線が台風通過後下がってきたので雨は降り続いた。

明日の朝も雨のようだ。
こうなると明日のランチのブルーベリーとトマトなどの野菜の収穫を何時するかが難しくなる。
朝摘みが基本だが天候の兼ね合いなどで宵摘みすることもある。
今回は明日の朝の方が雨が弱そうなので今日は摘まず明朝にした。



 ■ 7月  3日(月)  
梅雨の中休みか晴れの日が続いている。
昨夜はガーデン周りの鉢植に水やりをした。
明日は台風が接近するようだ。

一応、台風対策。
ミツバチの巣箱をロープで固定した。
雨除けの板と重石のブロックなどは飛ばされるので予め外して置いた。
台風だと横殴りの雨が降るので雨除けの意味がないので外してもいいだろう。
トマトはそのまま。
ブルーベリーはできる範囲の収穫をした。
店の飛ばされそうな看板は伏せて置いた。
後は自然任せ。

ガソリンを満タンにしたのでメーターを見た時だけちょっとリッチな気分になれる。
走行メーターを見ると8万キロを超えている。
地球を2周走ったことになる。
ほとんど県内走りだが累計すると結構走るものだ。



 ■ 7月  2日(日)  
少し前までは 夜、外に出ると肌寒かったのに今は蒸し暑くなった。
蚊やカメムシも多くなってきた。

ベリーの収穫はラズベリーは終盤、ブラックベリーは今がピーク。
ブルーベリーはハイブッシュはほぼ終わり、後は片付け収穫をするだけ。
ラビットアイが熟し収穫時期が来たのも出来始めた。







 ■ 7月  1日(土)  
今年は雨が少ないので今のところ、エアルームトマトが順調。
無肥料、無農薬、トマトーンなどの着果ホルモン処理もしていない。

大玉系は4段目~5段目に達している。

主軸が太く節間が狭いため段果の間も狭く株全体がコンパクト。



小玉系は6段目~8段目に着果。







昨年もこの畑でトマトを栽培したので連作2年目。
今のところ、連作障害は出ていない。
連作障害は土壌の微生物、線虫などのバランスが崩れて起こる。
農薬、肥料、除草剤などを施せばバランスが崩れやすくなる。

土壌の善玉菌を殖やすと連作障害は出難くなる。
土壌の主な善玉菌(植物にとっての)は納豆菌、酵母菌、放線菌、乳酸菌など。
その他まだ解明されていない未知の微生物が無数に居る。
害虫が寄って来るのも微生物が影響していると思う。
土壌、大気中や水中など何処にでも微生物(細菌、ウィルス、カビなど)は居る。
植物に限らず人間などの動物、全ての生物のほとんどの病気は微生物のバランスが崩れて起こる。

悪玉菌には菌で対抗する。
放線菌の培養は少し難しそうだが他はできそうだ。
福田さんが行っている天恵緑汁も酵素の働きで善玉の微生物を殖やすことができる。
日の出前~日の出直後の植物の生長点には乳酸菌が多く含まれている。
日が高くなってからだと乳酸菌は減り光合成細菌が多くなるそうだ。
ヨモギの生長点を朝早く摘み採れというのはそのためだ。

微生物の培養、面白そうだ。






  お知らせ  |  ネットショップ  |  カフェ  |  ベリー  |  エアルーム  |  会社  |  日記   
    
 
〒769-2101
香川県さぬき市志度4994-2
☎087-894-8701
✉ お問合せ
Copyright© 2013Berry's Life
All rights reserved.
栽培資材、苗などは当社育苗ハウスで直売しています。
栽培方法などのご相談もお受けしております。
植替(有料)も承りますので、希望の方は苗をご持参ください。
不在繁忙時もありますので事前にご連絡ください。
育苗ハウスへのMAP   香川県さぬき市造田是弘1479-2
担当:畑ヶ中(ハタケナカ)電話:090-7626-7552