トップ>各種肥料

安心で安全な肥料

肥料は与える植物のために、植物を育む土のために。
そして植物の恵みを頂く私たち人間のために、安心安全なものでなければならず、
豊かな地球の自然環境も崩してはいけません。

Berry's Life では化学肥料は販売いたしません。
有機肥料は主に安全な植物性由来のものを扱い、動物性有機肥料については
原料由来などが明確で、安全性と有効性が認められているものだけを販売いたします。

無農薬栽培だから安全、有機栽培だから安心という風潮がありますが、
無農薬栽培でも化学肥料や安全性が未定の有機肥料を使っていたら・・・?
有機栽培でも安全性が未定の有機肥料を使っていたら・・・?

化学肥料を与えるということは、人間に例えると薬を食べるということ。
また、動物性有機肥料の原料は家畜(牛・豚・鶏)の糞尿、食肉を取った後の残肉や
内臓・血・骨・皮・毛などで、なかには腐った肉や病死、変死したものも含まれます。
国内製造でも原料は輸入していたり、国産原料肥料でも全て安全とは言えません。
日本でも家畜のエサ飼料はほとんどが輸入で、しかも成長ホルモン剤が含まれていたり
遺伝子組み換え作物からの飼料が多いのです。
家畜の他には魚肉を原料したものもあります。天然魚が原料の肥料ばかりでなく、
中には養殖魚が原料のものもあります。
養殖魚は家畜のエサと同様に飼料に疑問が残ります。

成長ホルモン剤や遺伝子組み換え飼料を食べて育った家畜の肉(国産肉でも同じです)を
われわれ人間は食べ、そしてその家畜残渣で作った肥料で育った野菜も食べています。
ベジタリアンの人が動物性肥料で育てた野菜を食べる。・・・ちょっと変ですよね。

植物性有機なら安心かといえば、そうでもなく、肥料原料植物に農薬、化学肥料などが
たっぷり使用されている場合もあります。
疑うとキリがなく、何が危険で何が安全かわからなくなります。

※日本に流通している食肉が全て上記のような形態ではなく、こだわった牧場経営で差別化しているところもあります。
また肥料生産もこだわった原料、製法で作っているところもあります。

肥料を与えれば早く大きくなり大きな実もたくさん出来ます。
でも、それは肥料の力でそうなっただけで植物自体の力で大きくなったのではありません。
ましてや栽培者のなせる技ではありません。
植物も人間と同じで食べ過ぎ(肥料の与え過ぎ)はいけません。必要最低限に抑えるべきです。
余分に与えた肥料(窒素分)は植物内に硝酸性窒素として残ります。
人間に例えると贅肉(脂肪分、糖分など)と同じで、硝酸性窒素の残った野菜を人間が食べると
癌などの原因になります。
与え過ぎで硝酸性窒素になるのは化学肥料でも有機肥料でも同じです。
化学肥料は与えただけストレートに効きます。動物性有機肥料もよく効きます。
だから、与えるのなら土や植物に優しい植物性有機肥料や、肥効の穏やかな厳選動物性有機肥料を
お選びいただければと思います。

Berry's Life の農園では、無化学農薬、無肥料で野菜、ハーブ、地植の果樹を育てています。

※無化学農薬とは一般的な化学農薬は使用せず天敵、有益微生物、食酢、木酢、微生物活性剤などを使用して病虫害から守ることです。
※地植は無肥料栽培ですが、鉢植の場合は土の量が限定され地力では育ちにくいので少量の植物性有機肥料と天然鉱物資源のビタミン、ミネラル分を与えています。

レストランカフェ

TEL:087-894-8701

カフェ  9:30~11:30

ランチ 11:30~14:30

カフェ 14:30~16:00(LO)

レストラン 今週のメニュー

TEL:087-894-8701

ランチ 11:30~14:30

数に限りがありますので

予約が確実です

会社案内

〒769-2101

香川県さぬき市志度4994-2

TEL:087-894-8701

FAX:087-894-8702

 

農園(育苗ハウス)

〒769-2312

香川県さぬき市造田是弘1479-2

TEL:090-7626-7552

農園長(畑ヶ中:ハタケナカ)

農園(育苗ハウス)

ブルーベリーなどを栽培しています。栽培資材、苗なども直売しています。植替や不調苗の入院治療も有料で承りますのでご希望の方は苗をご持参ください。また剪定・植付・出張指導など(有料)も承ります。不在繁忙時もありますので事前に(ハタケナカ)まで 電話連絡ください。

ベリー公(自然の休憩所 主宰)は農園には常在しておりませんのでベリー公にご相談、ご質問などございましたら事前にアポイントをとってください。

レストラン マップ

農園 マップ

TOP